ホーム > 靴物語 > 歩きやすいパンプスの条件

歩きやすいパンプスの条件

歩きやすいパンプスの条件

女性なら、ファッションに合わせて何足もの靴を所有しているかと思います。頭のてっぺんから足の爪先まで、おしゃれに気を使うのは当然です。シルエットが女性らしく、美しく見えるヒールの高いパンプスはとても魅力的ですが、長時間歩くのは辛い物があるかと思います。あまりにも無理をして歩き続けると、足の爪が割れてしまったり、転んで足首をくじいてしまったりする事もあります。

ヒールの高いパンプスでも、自分のサイズにフィットしていれば、長時間歩いても負担を減らすことができます。通販など試し履きができない場合は、自分の足のサイズをきちんと把握しておきましょう。その他にも、歩きやすいヒールの条件を知っていれば、選ぶ際のポイントとなります。

歩きやすいヒール

ヒールが低ければ、足が痛くなりにくいと考えている方もいますが、ヒールが低くても自分の足に合っていなければ足を痛めてしまいます。腰に負担をかけないのは、爪先と踵の差が5センチ位のものと言われています。ピンヒールよりも太めで、硬い素材のものだと安定して歩くことができます。ヒールは太ければ太いほど良いです。また、ヒールが踵側にくびれていると、安定感が増すのでおすすめです。

靴の形

先端が細くなっているパンプスは多いですが、このようなパンプスは指先を圧迫し、親指や小指など端にある指を痛めてしまいます。ひどくなると外反母趾の原因にもなってしまいます。そのため、靴先は丸い物を選ぶ事をおすすめします。先端が細いパンプスを選ぶなら、先端が中央よりの物ではなく、親指側に寄っている物を選びましょう。また足の甲が薄く前に滑りやすい人は、甲があまり開いていない物を選ぶと安定して歩く事ができます。ストラップ等で甲の固定できるようにしましょう。

購入後に歩きやすくカスタマイズ

購入後に歩きやすくカスタマイズ

購入した後に自分にピッタリのパンプスにする事も大切です。パンプスが思ったより大きかったのなら、インソールを使って調節します。インソールは全体の底上げをしてくれるだけでなく、クッションの役割もしてくれます。購入した後はまだ革が硬く、自分の足には合いません。すぐに長時間履くと足を痛めるので、少しずつ履く時間を伸ばして行くようにしましょう。

当店では、かわいいパンプスや、履きやすいスニーカーなど、レディースシューズを取り扱っております。ヒールの低めのパンプスを豊富に取り揃えているので、ぜひご利用下さい。

レディースシューズの一覧はこちら