ホーム > 靴物語 > 足に合わない靴の危険

足に合わない靴の危険

足の病気

足に合わない靴を履いていると、歩きにくく疲れやすくなるだけではありません。合わない靴によって、外反母趾などの足を痛める原因になることは多くの方がご存知かと思います。その他にも、ハンマートゥといった足の変形があります。

ハンマートゥとは、爪先に余裕のない靴を履き続けた場合や、逆に大きすぎる靴を履き続けた結果、足の指が常に曲がっている状態になる事です。指が丸まり、関節部分が靴に当たりやすくなってしまいます。

全身に起こる症状

しかしそれ以外の全身に関わる症状も、足に合わない靴が原因で起こる場合があります。足は第二の心臓ともいわれています。足は心臓から一番遠くにあるため、血液の流れが滞りやすくなっています。それを解消するために、足を動かしてポンプの代わりとして血行を良くしています。足は心臓と同じ役割も担っているのです。

また足は身体を支える役割があり、この足元のバランスが良くないと、身体全体のバランスが歪む事になってしまうのです。

冷え性

冷え性の原因は、血行が悪くなっているからです。先述した通り、足はポンプの役割をしています。この足の役割が正常に働かなくなると、血流が悪くなり、足先が冷えてしまうのです。また、爪先の狭い靴も血行が悪くなる原因となります。

足に合わない靴を無理に履くということは、足の筋肉が常に緊張状態であるということです。筋肉がこわばった状態だと、血管も圧迫され、血流が悪くなります。

腰痛

腰痛

両足は骨盤につながっています。足のバランスが悪くなると、骨盤にも大きな影響を及ぼしてしまいます。足に合わない靴を履いていると、バランスが悪くなり、骨盤の変形を招きます。結果として腰痛も引き起こしてしまうのです。ハイヒールは爪先に重心がいき、お尻をつきだした姿勢になってしまいます。その体勢は腰に大きな負担となり、腰痛を引き起こしてしまうのです。

合わない靴は足の病気だけでなく、身体全体に不調を招きます。自分の足に合った靴を選ぶように心がけましょう。

当店ではレディースシューズやメンズシューズ、子供靴の通販を行っています。ブランドのパンプス、コンフォート、ウォーキングシューズもご用意しております。自分の足に合った靴なら、長時間歩いても疲れないものです。当店で販売しているウォーキングシューズはバネの力で楽にウォーキングができる仕様になっているのでおすすめです。

ウォーキングシューズの一覧はこちら