ホーム > 靴物語 > 足のサイズの測り方

足のサイズの測り方

靴を選ぶときのサイズには、『足長(そくちょう:23.0cm など)』と『足囲(そくい:ウィズ/2E など)』などがあります。このコーナーでは、この2つのサイズを測る方法をご紹介しています。一人では測れませんので、ご家族の人に測ってもらって下さい。

最後に、下部のサイズ自動計測に「足長」「足囲」を入力し、自分の足のサイズを確認してください。

ご用意ください

  • 鉛筆
  • 三角定規
  • 定規(30cm位あるもの)
  • メジャー

サイズ自動計測

必ず「足長」「足囲」はmm単位で入力してください。(半角数字/例:200)

 + 足長:mm + 足囲:mm 

あなたのウィズサイズは:

プリンターをお持ちでない場合

紙に線を引く
紙に線を引く
まずは、紙に図のような『直角に交わった線』を引きます。
紙の上に立つ
紙の上に直立の姿勢で立ち、かかとの一番の出っ張りを(A)に合わせます。また、人さし指の先端を線に合わせます。目は前をまっすぐ見るようにします。
足長(そくちょう)を測る

三角定規の直角辺を縦線に上に置き、一番出ている指に当たるように合わせます。どの指かは人によって違います。縦線と三角定規が交わったところに印(B)をつけてもらいます。

A-B間の長さが足長です。

足長(そくちょう)を測る

 足幅(そくふく)を測る
足幅(そくふく)を測る
親指の関節部分の一番出ているところ(C)と、小指の関節で一番出ているところ(D)の長さが足幅です。

一般的に靴サイズで足幅の表示はありません。参考値になります。

 足囲(そくい)を測る
足囲(そくい)を測る
(C)(D)に合わせてメジャーで周囲を計ります。その長さが足囲です。

靴には『E』、『2E』といったアルファベットで目安が表示されます。

プリンターをお持ちの場合

ご家庭や学校/施設関係でプリンターをお持ちの場合は、足型計測用紙(子供用簡易版/大人用簡易版)をダウンロードし、足のサイズを測ってみましょう。

ダウンロードできるファイルはPDF形式で、
1.計測用紙(A4サイズ)
2.計測用紙使用法(A4サイズ)
の2ファイルがあります。

ダウンロード(子供用簡易版)
  • 計測用紙
    計測用紙
    (A4サイズ)
  • 計測使用法
    計測使用法
    (A4サイズ)
ダウンロード(大人用簡易版)
  • 計測用紙
    計測用紙
    (A4サイズ)
  • 計測使用法
    計測使用法
    (A4サイズ)

※大人用簡易版は、A4サイズ2枚(上下)を糊またはテープなどで張り合わせて計測してください。

「PDFデータのダウンロード方法」に従って、ファイルをダウンロードし、「PDFデータの印刷方法」を参考にご利用ください。

ご注意

プリントの状態によって、計測サイズ目盛に誤差が生じる場合があります。定規で誤差がないかご確認の上、ご使用ください。

正確なサイズを知るにはシューフィッターなどがいる靴のお店で測ってもらいましょう。(このページは、「足のサイズを測る」体験をしていただくことを目的としています。)