ホームスニーカーの臭い対策

スニーカーの臭い対策

スニーカーは運動靴としてだけでなく、おしゃれアイテムとしても大活躍してくれる便利な靴です。お気に入りのスニーカーは毎日でも履きたくなるものですが、何日も同じスニーカーを履き続けると臭いが気になってきます。臭いの原因を知り、きちんと対策をして大切なスニーカーを嫌な臭いから守りましょう。

臭いの原因

臭いが発生するのは、足から出る汗が原因だと思っている方は多いのではないでしょうか?実は足から出る汗には臭いがほとんどないため、汗だけが直接的な原因ではないのです。では、なぜ臭いが発生するのかというと、足の皮膚に潜んでいる細菌が汗によって増殖し、増殖する際に腐敗臭を出すためです。細菌は水分・温度・栄養があると増殖します。スニーカーの中は汗の水分や人の体温、栄養となる皮脂や角質など、細菌が増殖しやすい条件が全て揃っているため、臭いを発生させてしまうのです。

1日履いたスニーカーは休ませる

足からは1日にコップ1杯分の汗が出ているため、1日履いたスニーカーは相当な水分を吸収しています。水分が残ったままのスニーカーを履いてしまうと、細菌の増殖が止まりません。風通しの良い場所で陰干ししてスニーカーを休ませてください。陰干しすることで水分と一緒に臭い成分が放出され、スニーカーの中が乾燥して細菌の増殖を防ぐことが出来ます。お気に入りのスニーカーが1足しかないという方は、同じメーカーのスニーカーをもう1足購入して、日替わりで履き替えることをおすすめします。

足を丁寧に洗う

足を洗うことも臭い対策方法の一つです。「臭いの原因」で書いたように、足には細菌の栄養となる皮脂や角質がついています。殺菌効果のある石鹸で丁寧に洗い、軽石などを使って古い角質も落としましょう。ただ、強くこすり過ぎると皮膚がダメージを受けてしまうので、足が痛くならない程度に洗うことがポイントです。

当店では、バルカナイズ製法を採用したMADE IN KURUME(福岡県久留米市)の国産スニーカーを販売しております。高品質な国産スニーカーをきれいな状態で長く履いて頂くために、ぜひ上記の臭い対策を実践してみてください。