ホーム正しい歩き方と靴の関係

正しい歩き方と靴の関係

自分の歩き方に自信を持っている方はどの位いらっしゃるのでしょうか。どんなにおしゃれをしていても、歩き方が乱れていては魅力が半減してしまいます。

靴底の減り方

靴底の減り方は人によって特徴があります。靴の内側が減るという方は、内股やX脚の傾向があり、足が曲がっていたり、猫背で歩くことが多い方に多く見られます。このような歩き方を続けていると、腰痛が引き起こされる可能性があります。

これはかかとと小指の付け根で体重を支えている証拠なので、魚の目やタコとして足に影響が出ることもあります。靴の外側が減るのは、がに股やO脚の方に多い靴底の減り方です。足の外側に重心がかかると、足の内側の筋肉がたるんだり、外側の筋肉が張る要因になります。

靴のかかとが減るのはがに股の傾向があり、腹筋と背筋が衰えて、猫背になっている人の靴底で多く見られます。あなたの靴底はどのようになっているでしょうか?

正しい歩き方

自分の歩く特徴が分かっても、どのような事に気をつければ良いのか分からないと、正しい歩き方を身につけることは出来ません。
正しい歩き方で気をつけるポイントは、目線、姿勢、足の動かし方です。目線は、下に落とさず歩く方向の先を真っ直ぐ見つめるようにし、背筋を伸ばします。猫背の状態は、目線も背筋も乱れている状態といえるので、猫背の方は特に注意が必要です。

歩く時の膝は曲げ伸ばしをして、衝撃を吸収したり体重移動をしやすくする役割があります。つまり、歩く時は膝の曲げ伸ばしを十分に生かす必要があり、膝を上げて歩くことが足に大きな負担をかけないためにも大切になります。両足の減り方がほぼ同じで、大きく減っている部分がないのが理想的な靴底の減り方なので、定期的に靴底を確認することで歩き方が改善できているかチェックできます。

が自分に合っていないと正しい歩き方をすることは困難です。通販で国産の靴を探している方は当店をご利用ください。
当店では、ムーンスターのワールドマーチやバルカナイズ製法のムーンスターを販売しているのでMADE IN KURUME(久留米市)の靴に興味をお持ちの方は当店をご利用ください。