ホーム > 知っておきたいレインブーツの基礎知識

知っておきたいレインブーツの基礎知識

雨が降ると革靴やスニーカーでは足元が濡れてしまいますので、レインブーツを履く方もいらっしゃるでしょう。近年のレインブーツはカラフルな柄を使用したものも多いため、ファッションアイテムとしても人気があります。しかし、レインブーツについてよく知らない方もいるのではないでしょうか。

レインブーツの素材の種類は主に3つ

レインブーツの素材の種類は主に3つ

・合成ゴム製

合成ゴム製のレインブーツは防水性と断熱性に優れているため、雪の上を歩いても暖かく足先が冷えにくくなっています。また合成ゴム製は柔らかく伸びが良い素材ですので、歩きやすさとフィット感の両方を兼ね備えています。

・塩化ビニール製

塩化ビニール製は汚れや傷がつきにくく、素材自体がとても硬いことが特徴です。また、様々なカラーやデザインが登場しているので、自分好みのデザインが見つかりやすいという利点もあります。他の素材に比べ収縮性があまりないため、購入する際はワンサイズ大きいものを選ぶことをおすすめします。

・合皮製

合皮製のレインブーツはオシャレな見た目のものが多いので、雨の日にもオシャレがしたいという方におすすめです。また、布地にポリウレタンなどの合成樹脂を塗布しているため、汚れがつきにくいという特徴があります。

レインブーツの丈の長さは3つ

レインブーツの丈の長さは3つ

レインブーツはショート、ミドル、ロングの3つの丈があります。ショートは丈が短く履きやすいので、普段履いている靴と変わらないものを求めている方に適しています。ミドルは、ショートとロングの中間にあたる長さの丈で、流行にあまり左右されないベーシックさが魅力です。

そしてロングは、雨から足を守るうえで最適な長さがあり、足を長く見せることが出来ます。このように丈によって特徴がそれぞれ異なりますので、レインブーツを選ぶ際は、それらの特徴を踏まえることが大切です。

レインブーツや国産シューズを購入したいとお考えの方は、当店をご利用ください。久留米市に本社がある当店ではオシャレなレインブーツをご用意しておりますので、雨降りでもオシャレを楽しんで頂けます。また、当店ではコンバースのバルカナイズドスニーカーや国産メーカーKURUMEのスニーカーも販売しています。レインブーツや国産シューズをお探しなら、ぜひ当店でお買い求めください。