ホーム > 靴物語 > 子供靴選びのポイント

子供靴選びのポイント

子供靴について

子供靴について

子供の靴を選ぶとき、機能性とデザインのどちらを優先して選んでいるでしょうか。

最近は、機能性を考えずに子供が気に入ったデザインの靴を買っている親御さんがとても多いです。

人気ブランドはかわいいデザインの子供靴がたくさんあるので、子供に買ってあげたくなるのも分かりますが、成長期の子供の足の事を考えるとデザインよりも機能性を重視して靴選びをしてあげた方が子供の為になります。

そこで、子供靴を選ぶときのポイントについて説明させていただきます。

子供靴を選ぶときのポイント

調度良いサイズを選ぶ
靴を買ってもすぐに足が大きくなるからという理由で、調度良いサイズよりも少し大きいサイズの靴を買っている方が多いです。 しかし、大きすぎる靴を履いていると、かかとが浮いて歩行が不安定になり、転倒や骨の変形の原因となります。 子供の健康やケガの防止のためにも、大きすぎず小さすぎない調度良いサイズの靴を選んであげて下さい。
人のおさがりはNG
兄弟や親戚から履けなくなった靴をもらって子供に履かせている方がいますが、おさがりの靴は前の持ち主の足の形に変形し、底が薄くなっています。 おさがりの靴を履いていると、足の形が変わったり前の持ち主の歩き方のクセを貰う可能性があります。 新品のような綺麗なおさがりの靴でも中の方が変形している場合があるので、なるべくおさがりの靴は履かせないようにして下さい。
足の形に合わせる
同じサイズの足でも、一人ひとり足の形が違います。 足幅、甲の高さ、足囲のサイズをしっかり確認して、子供が歩きやすい靴を選びましょう。 通販で子供靴を購入する際は、過去に履いたことのあるブランドから選ぶことをおすすめします。